一般財団法人日本視聴覚教育協会は教育方法の革新、改善をめざし、視聴覚教育の普及・振興を推進する公益法人です。

  1. トップページ
  2. 刊行書籍
  3. 授業の基礎としてのインストラクショナルデザイン

授業の基礎としてのインストラクショナルデザイン

 インストラクショナルデザインが、今日きわめて注目されている理由は、eラーニングと呼ばれる遠隔教育の学習システムが、大学や企業などで、注目を浴びていることによります。そこで社会人などを対象にした、生涯学習を念頭に置いた教育システムを考える必要がでてきました。
 本書は、大学や大学院のテキストを想定して、授業デザインの基礎的な内容について述べたものです。教育の方法、メディアと教育、教育工学などの科目と関連が深く、小学校から大学までの授業を対象にして、授業を構成している基礎的な内容について、解説したものです。内容をどうプレゼンテーションしたらいいか、どのように内容を構成したらいいか、どう質問したらいいか、どう評価したらいいか、という全体を構成し全体をまとめるというデザインについて、その基礎としてのインストラクショナルデザインを解説しています。

インストラクショナルデザインを解りやすく解説!
1.価格
 1,944円(本体1,800円) ※別途送料
2.発行
 (一財)日本視聴覚教育協会
3.仕様
 A5判 272頁 ISBN 978-4-930784-05-6
4.お問い合わせ先
 〒105-0001 東京都港区虎ノ門3-10-11 虎ノ門PFビル
 TEL: 03-3431-2186

※本書籍は各書店でのお申し込みの他、アマゾンでもご購入いただけます。
アマゾン詳細ページへ

※ホームページから直接のお申し込みは下記【書籍購入】フォームからお受けいたします。
【書籍購入】フォームへ

目次

■1章 インストラクショナルデザイン
  1.1 番組の分析
  1.2 テキストデザインの方法

■2章 質的ニーズ分析
  2.1 質的な分析
  2.2 授業の観察
  2.3 教材への展開

■3章 目標の設定
  3.1 課題分析
  3.2 質問の分析
  3.3 学習活動の分析

■4章 教育システムの設計
  4.1 情報の管理
  4.2 教材の分析と設計
  4.3 カリキュラムの開発

■5章 授業の展開
  5.1 授業のデザイン
  5.2 メディアの特性
  5.3 メディアの活用法

■6章 教授方略
  6.1 背景となる考え方
  6.2 質問の受け答えの方略

■7章 eラーニングへの展開
  7.1 eラーニングへの展開
  7.2 協同学習としてのeラーニング
  7.3 コンピュータテスティング
  7.4 プレゼンスということ

<< 前のページに戻る

↑ PAGE TOP